Myosotis scorpioides

ワスレナグサ

ヨーロッパ原産の一年草で小さい5弁の花を咲かせます。園芸業界でワスレナグサとして流通しているのは、ノハラワスレナグサ (M. alpestris)、エゾムラサキ (M. sylvatica)、あるいはそれらの交配種であるが、一般的には広義の意味で称される。季語は春。

  • 2015.04.17
  • 6 view

データ

学名
Myosotis scorpioides
別名
ルリソウ , ヒメムラサキ , エゾムラサキ , 勿忘草
花言葉
真実の愛 , 私を忘れないで

Top