Kawazu zakura

カワヅザクラ

南伊豆の河津地方で1955年に飯田氏によって発見された大島桜と寒緋桜の自然交雑種です。早咲き一重桜で、蕾の時は濃い赤で、開花時は艶やかな桃色ないし淡紅色で、ソメイヨシノよりも桃色が濃く、内側が淡く外側の色が濃いです。花期が1ヶ月程と長いです。

  • 2015.03.19
  • 24 view

データ

学名
Cerasus lannesiana Carrière, 1872 ‘Kawazu-zakura’
別名
河津桜
花言葉
独立 , 精神美 , 優れた美人

Top