Callicarpa dichotoma

コムラサキ

日本原産。葉は楕円形で葉の縁の上半分に粗い鋸歯があります。枝垂れた枝に淡紫色の小さな花を咲かせます。秋になると小さな紫色の果実が熟します。ムラサキシキブとの違いは、果実が多数固まってつくのが特徴で、ムラサキシキブより小柄な事からこの名が付いたそうです。

  • 2014.09.25
  • 77 view

データ

学名
Callicarpa dichotoma
別名
コシキブ , 小紫
花言葉
知性 , 聡明 , 愛され上手

Top